小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ……でかい。 後ろ足だけで立った状態の頭が、天井近くに達している

小説, 刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僅か小学一年生でこの狡猾さとは……やっぱりちょっぴり将来が不安、

空手および格闘技, 武道・格闘技論, 速報

ずっと使ってきました。

地元のサンアイだっかな? 両親と買い物に来たときに、漫画とかの影響で握力強化したくて、それで買ってもらったと思います。

ずっと使って

実地のロンドンを知る編, ロンドン留学修行録

ロンドンの風物詩と言えば、ダブルデッカーのバスです。

真っ赤なボディ。最初にどこで知ったのかわかりませんが、とりあえずハリーポッターでは見かけました

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ベトからの適当な説明に、アレは律義に頷く。 それにスバルはやれや

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「…………」 それに対してアレは凍結、無言で応えた。 初めて会う人

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 気づけばアレは、眠っていたようだった。「……ん、んん?」 瞼を開

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 アレからの反応はない。

「ん? あんたを」

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「…………」

 その鋭い視線に、男は圧倒される。

空手および格闘技, 羽生善治の思考

突き詰めてはいけない。

私が尊敬する人間の1人、羽生善治先生の言葉の1つです。

人間、どうしても成果を期待する生き物です。そして現状に、簡単に慣れてしまう生