新着記事

Thumbnail of new posts 006

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 182

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 113

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 044

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

【化物語】極まった掛け合い偏重キャラクター物語

2021年7月23日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

一度挫折するほど徹底したキャラ付け

実は化物語は1回途中まで読んで、挫折した記憶がある。

しかし余りの人気ぶりに改めてちゃんと通して観てみることにした。

そして気づいた、なぜ自分が1回やめたのかと、これほどまでに人気がある理由を。

一言でいえば、この作品は極まっている。

他の作品にもいえることだが、西尾維新の作品は、一切のブレ、遠慮がなく、とことんまでに彼の作風が隅の隅まで浸透していて、まったくの妥協がない。

この作品は、本人も語っていたが、とにかくダラダラとキャラ同士が喋っている掛け合いを楽しいな、と思ってもらえるように考えて作られたらしい。

メディアミックスが進んでいた当時、逆にそういうことが全く不可能だという思わせるような作品を作る、というコンセプトもあったという。

バトルすらものあくまで世界観の味付け

だからこそアニメ化が決まった時、映像化不可能と謳われた作品のアニメ化、という触れ込みがあった。

この作品は、基本的にはバトルがない。
いや実際戦ったり殺したりというシーンこそあるがそこにはバトルものには必須といわれる駆け引きや技の応酬、そういったものがすっぽりと抜け落ちている。

基本的には一撃で決まる。
もしくは戦闘前に決まってしまう。
そうでない場合は片方が一方的に蹂躙して、そこでは勝負がつかずに途中で何かしらのアイディアで収束する。

バトルというものはこれで難しい。
ダラダラと応酬が続けば、基本的にはそれが普通になってしまって、緊張感がなくなって、惰性になって、読者は飽きてしまう。

そういう意味では富樫義博も、基本的には一撃必殺のスタンスの傾向が強く、ハンターハンターになってからそれはより顕著になった。

化物語で西尾維新は、自分がバトルが書けないもしくは書かないと決めて、一切そういった描写を省いていったのだろう。

深い登場人物への造形と愛着

そのかわり徹底して、キャラクターを突き詰めている。
この物語の中には、一切おざなりとされたキャラクターがいない。

最初私が離れたのも、メインヒロインがいきなり主人公の口の中にカッターをつっこんだり、口の内側をホッチキスで留めたりとフィクションにしてもあまりにも極端な暴力性に引いてしまったというのが大きい。

しかし非常識、非日常とも取れるほどの極端なキャラの突き詰めによって、中途半端なキャラがいない、極端なキャラクターストーリーが出来上がっている。

それによってただの日常会話が成立しない、どこをとってもヤバいというか、イカレてるというか、見ててツッコミどころや笑いしか起きないような掛け合いが成立している。

それぞれのストーリーが最高潮までは盛り上がらず、あえて盛り上げず、だからこそそれぞれのストーリーが基本的にはヒロインの名前を冠したものになっており、ヒロインの魅力や、世界観の掘り下げに特化したものになっており、それ故いくら見ても、いわゆるパワーインフレや、惰性というものが存在しない世界観になっている。

極まっている。
ブレがない。
彼は徹底して、最初の、そのコンセプトを貫いている。

故にその世界にはまり込んでしまえば、そのキャラたちに魅了されてしまえば、ずぶずぶとハマり込むんでしまって、抜け出すのが難しい。

異才・西尾維新

これはまさに西尾維新、ひいては化物語ならではといえるだろう。

現代が生んだ西尾維新という異才、その1つの到達点である化物語という緩くて深くて浅くてだけど軽くて読みやすくて気づけば腰のあたりまでハマっているようなそんな物語、あなたもいちど味わってみてはいかがだろう?

ちなみに僕は八九寺真宵と神様になった後の千石撫子が好きです(笑

あの吹っ切れたと絡みかみまみた、そして覚醒後のイカれっぷりは最高です、別に年齢で選んでないんでそこら辺の誤解はしないでいただけるとありがたいです(汗

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちら → おすすめアニメ等、料理にメイド喫茶に日記

執筆者の作品はこちらへ! → 小説一覧

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇