小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 月曜の学校はサボった。

 昨日の緊張と驚きの連続で心身と ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 野生の獣のようだ。僕がこの位置まで来て改めて、その凄さを実感する。
  ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「え。い、いいの?」

 にっこりと笑顔で頷く。
  ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 一応ツッコむ。

「名前だけ貸してって言ったの、隼人だろ? ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「隼人、そろそろ五限目始まるぞ! チャイ語は混んで面倒くさいから、ぼちぼち行って ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 人間いつまでも童心を忘れてはいけないと思わされる。
 それに ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そんな早瀬市の中でも件(くだん)の照ヶ崎海岸は、ここに住む市民にとってトップク ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それからはしばらく、穏やかな日々が続いた。

 学校に行き ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「お前、えらい気が抜けてねぇか?」

「わかる? 暗戸さんと ...

小説,刃と夜,第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「大学生活の半分は休みだ。後一ヵ月ちょいでオレたちも二ヵ月の夏休みに入る。二ヵ月 ...