刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 桐峰筋(きりみねすじ)。 早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「今日の卒論発表会、結構長くてだるかったね。正直みんなもっと色々と

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「……ごめんなさい。白柳(しろやなぎ)君のこと、嫌いじゃないんだけ

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 バスに揺られながら、僕は不意に強烈な眠気に襲われた。 ここのとこ

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 首以外の体はまったく動かなかった。 それどころか感覚すらまったく

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ストレッチャーが動き、僕は手術室の中に入った。 今回は全身麻酔を

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そうして僕も吐き出すものがなくなり、嗚咽もようやく落ち着いてきた

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それでも何十人もの、あるいはもっとたくさんの患者のリハビリを担当

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 両手をポケットに突っ込んで歩き慣れた道を歩く。 コンクリートで舗

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 忘れてしまった話術を、人との付き合い方を必死に思い出そう、思い出