第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 現在壇上のホワイトボードは白いスクリーンに覆われており、そこには

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 考えていると余計に気が滅入り、僕は教授に気づかれないように机の陰

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「そもそも聞いた話によるとさ、美香ちゃんには既に彼氏がいたって話だ

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「まぁまぁ。恋愛のやり方なんて、個人の自由なんだしさぁ」「そんなこと言ってる ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 テレビが置いてある購買部前のテーブル席。

 施設が清潔なカフェテリア ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 パンをお手玉にして紙袋が立てる音を楽しみながら階段を昇り、吹き抜けに出た。 ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 女の子はパンを食べていた。 何のパンかはよくわからなかったが、よ

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僕は今、彼女の服装を見て、まるで喪服みたいだと思った。

 つまりはそ ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 静かだった。

 購買部でパンを買おうと騒いでいた連中もみんなカフェテ ...

刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 特にいい作戦も思い浮かばなかったので、シンプル・イズ・ベストでいくことにし ...