前書き, 刃と夜

今回はかなり長ったらしいジャンル分けですね(笑)

個人的にはもっと短くてもいいかとも思うんですが、前回のSilly rondがシンプルすぎたので、ちょっと説明っぽくなったらこんな ...

刃と夜, 第一章「世界一」

 その頃の僕は、世界で一番強いのは、おとうさんだと思ってた。 僕のおとうさんは、空手の先生だ。 毎日夜六時半から九時半まで、あちこちの道場に行って生徒に空手を教える。 週に五回行くんだけど、毎回毎 ...

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そんなおとうさんも普段はいつも笑顔で豪快で、休みの日にはあ

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む

___________________ テントの外では蝉の大合唱が行われていた。 みーん、みんみんみんみーんと、ま

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む

___________________ 右手に見える外の景色は、真っ白に照らされた山々が徐々にその本来の色である青

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 僅か小学一年生でこの狡猾さとは……やっぱりちょっぴり将来が不安、

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ……でかい。 後ろ足だけで立った状態の頭が、天井近くに達している

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 妹を抱きかかえようとしてた手を思い切り引き、右半身の体勢から半回

刃と夜, 第一章「世界一」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ついさっきまでの僕は確かに動揺もしていたし、衝撃も感じていながら

刃と夜, 第二章「痕」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 桐峰筋(きりみねすじ)。 早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁