前書き, 小説, 月が堕ちた夜

今回はちょっぴりまじめな感じです。私は幼少期、入院したことがあります。しかし記憶という記憶はありません。

ただなんとなく、雰囲気を覚えています。言葉に出来るものはいっさいありません。た ...