空手および格闘技, 小説, , 超本格格闘技小説「顎」, 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「ッづ……!」

 痛みが膝の内側を走り抜け、視線を下げて足を見た。

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それはそれほどの想いなのか。
 きっと医者である彼は現状

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 野生の獣のようだ。僕がこの位置まで来て改めて、その凄さを実感する。
  ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅳ章「革命 -revolt-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 さぁ、ここが岐路だ。
 あんたの覚悟を、試させてもらおうか。 ...

空手および格闘技, 小説, , 超本格格闘技小説「顎」, 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 天寺は開始の号令と同時に、左腕を伸ばした。 前手である左手をスッ、と相手に ...

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「どこまで?」

「いける、ところ……まで」「遼ちゃんッ!」 

小説, 刃と夜, 第四章「鬼ごっこ」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「え。い、いいの?」

 にっこりと笑顔で頷く。
  ...

Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅳ章「革命 -revolt-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ほんの一秒の逡巡すら、なかった。
 その僅かなやり取りに、ベ ...

空手および格闘技, 小説, , 超本格格闘技小説「顎」, 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 だが、今回自分は前に出た。

 待っていられる精神状態ではなかっ ...

小説, 月が堕ちた夜, 最終章「fall up」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 急に、胸騒ぎがした。

「……マヤ?」「わたしは結局、遼を助