空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 十一月――神薙が道場に見学に来てから、7ヶ月が経ったこの月。 天寺と慎二、 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それに加えて空手団体として最大手である練仁会の大会には、毎年何名かの他流派 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 お互い何度も相手を試合場に叩き伏せ、場外に押し出しあった。
 力を ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 橘纏は天井の風景を見つめながらそう思い、ゆっくりと布団の中から体を起こした ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 だが、この前の教室での、慎二との戦い。

 倒した後の、達成感という言 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 しかし、神薙は体重測定の列が終わっても天寺を見つけ出すことは出来なかった。 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 大会当日に選手に出来ることなど、勝つこと以外に何があるというのか。 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それを、天寺は壇上から見て斜め下――丁度S席のパイプ椅子の群れと、一階席の ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「ッづ……!」

 痛みが膝の内側を走り抜け、視線を下げて足を見た。

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, , 第肆章「宴」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 天寺は開始の号令と同時に、左腕を伸ばした。 前手である左手をスッ、と相手に ...