空手および格闘技, 小説, , 第肆章「宴」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 十一月――神薙が道場に見学に来てから、7ヶ月が経ったこの月。 天寺と慎二、 ...

空手および格闘技, 小説, , 第肆章「宴」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 それに加えて空手団体として最大手である練仁会の大会には、毎年何名かの他流派 ...

空手および格闘技, 小説, , 第肆章「宴」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 お互い何度も相手を試合場に叩き伏せ、場外に押し出しあった。
 力を ...

空手および格闘技, 小説, , 第肆章「宴」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 橘纏は天井の風景を見つめながらそう思い、ゆっくりと布団の中から体を起こした ...