空手および格闘技, 小説, 第弐章「産声」, 超本格格闘技小説「顎」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 驚いている暇すらない。

 再び突きの連打が始まった。

空手および格闘技, 小説, 第弐章「産声」, 超本格格闘技小説「顎」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その顔を見て、遥は息を呑んだ。

 あれだけやられたあとで、こん ...

空手および格闘技, 小説, 第弐章「産声」, 超本格格闘技小説「顎」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 朱鳥の思考は、停止していた。「――――」 天寺が、咆哮している。
 腹を ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 遥は、あれからずっと上の空だった。

 授業中も、移動教室中も、お弁当食べて ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 信じられない。

 もはや遥は、勉強をしていなかった。
 ただ ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 硬い骨だった。
 サポーター越しだというのに、まるで皮や肉を押しの ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 しかし、当然左の蹴り――攻撃は、大多数の人間にとって右の攻撃よりも難しい。 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 そしてその場所は、道路に面した広いガレージのようだった。
 コンクリート ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 その机の上で男は作業を続けていた。
 肉厚な男だ。
 首、 ...

空手および格闘技, 小説, 超本格格闘技小説「顎」, 第参章「胎動」,

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ガードの上から叩き込まれ、耐え切れなくなり、天寺は呻き声をあげてしまった。 ...