空手および格闘技, 小説, 第一章「風の少年」, 第一章「風の少年」, , 超本格格闘技小説「顎」

 負けたくない。

 ずっとわたしは、想ってきた。

 負けるのが嫌だった。徒競争から、給食を食べる量とかまで、なんでも。
 とにかく女だからとか、そういう納得いかない理由で差 ...

第一章「風の少年」, 第一章「風の少年」, , 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ひと目見ただけで、三歩は後ずさりたくなる濃さ。

顔と髪が脂でべったり ...

第一章「風の少年」, 第一章「風の少年」, , 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 ただですら繊細、という文字が辞書にないようなやつだ。
 ちゃ ...

第一章「風の少年」, 第一章「風の少年」, , 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 不意に。

 言い争っている二人の間から、声が聞こえた。 それに ...