羽生善治先生名言集、そういう方向性で考える

2019年10月11日

羽生善治先生の言葉は、本当に飾ったものや、いわゆる格式張ったものはない。

将棋と言うものは、過酷なものだ。格闘技などと違い、鍛え上げた肉体、恵まれた体格、といったハンデがない。

駒は20枚ずつ。すべての能力は対等。動かす速さも、一定ずつ交代。

完璧に同じ条件で戦うが故に、ずっと勝ち続けると言う事は不可能に等しい、というか不可能。じゃあ格闘技はずっと勝てるかというとそうではないが、しかし体力的なものや体格的なものでアドバンテージをとることがやはり可能だ。
上位になればなるほど、戦う相手は超一流になる。トップ中のトップほど、勝率は5割に届かない。

最高峰の実力を持つ人間でも、二回に一回しか勝てない。

慎重になるのは、ある意味で当然かもしれない。その中でも自分を信じて、たゆまず緩まず努力してきた人間が羽生善治先生だと私は思う。

繰り返し繰り返し、先生は述べている。

そういう方向性で考える。

先生が最近よく掲げる言葉の1つで、玲瓏と言うものがある。八面玲瓏からとっていて、意味合いとしては明鏡止水に近いものがあると言う。

でき得る限り冷静に、雑念を振り払い、一心に盤に向かいたい。

その後先生は、おどけるようにおっしゃられた。

いやできないんですけどね。実際向かう直前まではやろうやろうとするんですけど、向かうとすぐ忘れちゃうんです。本当全然だめです(笑

その後先生は、かすかに表情を引き締められるような素振りを見せられた。

まぁ、そういう方向性で考えると言うことで。

私ははっとさせられた。自分で決めたこと。綺麗事。理想論。

父は厳しい人だった。母は突っ込む人だった。偉そうなことを言っている。できてないじゃないか。黙ってろ。

もちろん両親だけじゃないと思うが、そのようなことを言われ続けて、いつからか大言壮語を避けるようになってきた。

そしてうつ病を経て、語ることがなくなってしまった。

そんな時、羽生善治先生のその言葉に出会った。

そういう方向性で考える。

できなくても構わない。100点じゃなくてもいい。なんだったらすぐに失敗しても良い。

ただ、それでもそういった方向性で考えることはやめない。

誰が何と言おうと、そういう方向性では考える。

なんとすばらしい言葉なんだろう。先生も有名になって、様々な誹謗中傷にさらされてきた。もしかしたらそれは関係ないのかもしれないけれど、いずれにせよその素晴らしさは微塵も色褪せない。

だから私も、いつだってそういった方向性で考えようと思う。できるできないじゃない。素晴らしいと思ったこと。なりたいと思ったこと。やってみたいと思ったこと。

たとえかけらもできなくても、すぐに辞めてしまうことがあったって、後ろゆびさされたって、それでもその瞬間、そういった方向で考える。

そしていいと思ったら、いいと思える限りは、ずっとそういった方向性で考える。

苦しい時、辛い時、うまくいかない時、その言葉がよく頭に浮かぶ。

今日も私は、そういった方向性で考えていく。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング