ロンドン脱出の危機、ポンドの価値は円の2,5倍!?

2019年9月17日

さて、とりあえず無事に学校に通い始めた私に、早くも試練が訪れていました。

バイト探しです(笑

ではなぜ留学したばかりで、早くバイトを探す必要があったのか?

もう第一回目のタイトルでネタバレしていますが、たったの10万円しか持っていかなかったからです。

聞いてみるとざっとですが平均的に皆さん、50万から80万円位は持って留学先に向かっているようです。

その使用用途の内訳は、お昼ご飯や、通学日、さらにはいろんなパーティーや付き合いのご飯、旅行に買い物に、多岐に渡ります。

ですが最低限お昼ご飯と、通学費用は必要不可欠です。

その頃史上最高の円安で、 1ポンドがなんとびっくり250円で取引されていました。

ちなみにこちらが1ポンドの実物になります、厚みといい大きさといいこの描かれているドラゴンのハリーポッターっぽさといい、正直とても好みなビジュアルなので、ガラケーで写真を撮っていたのがこんなところで役に立ちました(笑)

ざっくりですがその頃ロンドンの貨幣価値が、1ポンド大体100円ちょっと位の感覚でした。

つまり感覚的には10万くらい持っていったはずなのに、4万円ぐらいにされてしまったような感じでした。

4万円じゃ、正直お昼ご飯と交通費ですら1ヵ月持つか持たないかといったレベルです。例えばお昼の100円ポッキリのチップス、要はイギリス式のフライドポテトだけにしても、です。

そしてそれは最初からほとんどわかっていたことでした。

そんなわけで私は、留学して、ようやく交通事情や、食文化や、学校の行き方を理解し始めた位の1週間後には、ジャパンセンターと言うものに行かざるをえませんでした。

とりあえず今回はこのくらいで、正直今回は自分の事情ばっかり話して終わってしまったので、最後は渡英したばかりで美しいロンドンの風景を背景に知り合ったばかりの音楽家と記念撮影した写真を貼って終わろうと思います、果たしてこれが僕のロンドン留学生活最後の一枚となってしまうのか!?(笑
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング