新着記事

Thumbnail of new posts 038

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 096

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...
Thumbnail of new posts 146

: 空手および格闘技

奇跡の逆カウンター”クリスクロス”長谷川穂積vsウィラポン2伝説の一戦!

カウンターのカウンター「クリス・クロス」 この言葉を、その意味を初めて知ったのや ...
Thumbnail of new posts 174

: 空手および格闘技

”幻の右”の真実!ガッツ石松日本初のタイトル奪取 はじめの一歩ヴォルグザンギエフのホワイトファングの如き一撃!

幻の右 ガッツ石松と言えばOK牧場を中心とした、現在ではバラエティー番組に引っ張 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

死に至る病―うつ病闘病記㊲「登録者数が伸びない、とにかく伸びない」

2021年7月20日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

5人から停止した登録者数

 最初とにかくチャンネル登録者数が増えなかった。

 それ以前にやっていたチャンネルでは、おそらくはTwitterの知り合いの人たちが、応援的な意味合いで登録してくれたのだろう、開設と同時に5人現れていた。

 だからこそ、しばらくすれば2桁、そして3桁も見えてくるものとかって思い込んでいた。

 それがまさか1週間、2週間、3週間、そして1ヵ月経っても5人のままなんて、思ってもみなかった。

 チャンネル登録者数と言うものは本当にシビアだ。

 聞いたところによると、そもそものアカウントを持っていなければ登録と言うのはできない、そして自分の周りに、アカウントを持ってる人間というのはぶっちゃけほぼいない。

 長崎の片田舎で暇つぶしでYouTubeを見るレベルだと、せいぜいそれが現状だ。

 だからこそ、知り合い、その協力でどうこうすると言うのは、そもそもの環境によってできるできないと言う違いが現れてしまう。

 再生数、イイネの数とは、そもそもがハードルが全く違う。

 そして、もしYouTubeで収益化、お金を稼ごうとするならば、そのチャンネル登録者数が最もネック、最大の障壁となってしまう。

 いい時代が…というかまぁ問題もあるとも言える、そんな時代でもあったのだが(笑

YouTube収益化の壁

 昔は収益化に全くの条件がない時もあったと言う。

 だからどんな人間でも、YouTubeのチャンネルを立ち上げて、動画を公開すれば、いきなり1本目から収益化できたと言うのだからうらやましいと言えばその通りだ。

 しかしそれも、違法性が高いものや、盗撮まがいの物などが大量に出回り、それで収益化されていて、問題となり、条件が課された。

 それが再生回数10,000回と言うものだ。

 しかしそこで、再生時間10秒位のものを多量に投下して、それで再生回数を稼ぐという輩が現れたというか、現在でも非常にたくさん見受けられる。

 一発ネタや、エロネタなどが、それに該当するかもしれない。

 それで現在は、再生回数の条件は撤廃されている。

 再生回数ではなく、再生時間によってその評価がされるようになっている。

 いわゆるサムネイル、動画のその画像で釣っておいて、中身がなく、しかし1回はカウントされるわけだから、それで稼ごうと言う輩が多いから、その対策と言うわけだろう。

 結果として、再生時間4000時間、チャンネル登録者数1000人と言うのが収益化の壁となっている。

 これが高い、もう本当に高い、とんでもなく高い。

 私もやはり人の子で、再生回数が伸びなくて、チャンネル登録者数が増えなくて、やはり何とか自分を納得させるために、その辺のことを調べたこともある。

 有象無象の魑魅魍魎が跋扈する地獄がそこには展開されていた。

 底辺YouTube理、再生数ヒトケタ、諦めた、そういった動画をあえて出す、あれにはやけくそというかそういった意味合いで世間にそれを発表しているのだろうか。

 もともと甘い世界ではないと考えていたし、というかぶっちゃけYouTubeをすることなんて想像もできない位だったから、ある程度以上は想定内ではあったけれど、そこには私の想定とは違う世界も、ある意味では知る機会となった。

 続けると言うこと、そして続けながら創意工夫すると言うこと、結果が出ない、それを受け入れて、それは当然のこととして、それを打破するために最善を尽くし続ける。

 YouTubeと言う世界に、動画投稿と言う世界の、その本質は何も変わらないと言うことを気づかせてくれた。

 だからこそ、YouTuberに憧れている人は未だいるようだが、人気もあるようだが、それになりたいと言う人がかなり減ってきたと言うのも、言説が浸透していると言う証拠に他ならないのかもしれない。

___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

おススメ記事!

一覧はこちらへ!→ うつ病・潰瘍性大腸炎

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇