新着記事

うつ病

死に至る病―うつ病闘病記㊲「登録者数が伸びない、とにかく伸びない」

 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む_______________ ...

【羽生善治に学ぶ】塚本徳臣も用いた超高度な将棋戦略観その一端に触れる

武道の煮詰まり 長く格闘技をやっていると、武道をやっていると、煮詰まってしまう。 ...

“中間距離の天才”八尋康成 伝統派的な将棋二冠藤井聡太似の激闘譜!

オーストラリアの伝統派出身 現在ネット上で検索しても詳細な情報は得る事は叶わない ...

将棋の渡辺くん 藤井聡太の裏側も見れる!?超リアリティ95%エッセイ漫画

異質な将棋漫画!? 将棋漫画は今までも沢山読んできた。 将棋というものが当たり前 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

死に至る病―うつ病闘病記㊱「静止画動画の挑戦とYouTubeアルゴリズム」

2021年4月15日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

アオっくラジオON AIR!

 それまではブログで書いたことを話すような形式をとっていたが、ブログにないことも書いていこうという気になってきた。

 ブログ向けの内容と、YouTube向けの内容の違いだと考えていた。

 まぁそうはいっても、そもそもがブログがバズっていないというか、未だ全然読まれていなくて収益はむしろサーバー代でマイナスという現状から、狙いの違いも何もないと言ったらその通りなのだが(笑

 オリジナル動画を出すことの必要性を考えて、新極真会長崎支部のスーパースターである、全日本キックに出て、K-1にも出場して、IT’S SHOW TIMEと言う団体で日本人初の世界王者にも輝いた、山本真弘の、高校生時代の奇跡的な劇的な勝利をした試合の秘蔵映像を解説付きで出した。

 そしてよく考えると、というかよく考えなくても新極真会長崎支部には空手家会の超スーパースター塚本徳臣がいて、世に出ていない多数の秘蔵映像があるのだから、それも解説付きで出すことにした。

 するとまさかの知り合いを通して本人からの、それ以前の試合は未熟で恥ずかしいから出さないでくれと打診があったりと、なかなかドキドキの展開が続いたりしたのだが… (汗

 そしてよくよく考えると動画無しでも、静止画でそれっぽいのをつけて、自分なりの考えを話すと言ういわゆるラジオ的なものでも出して良いのではないか?

 というか出しちゃいけないものとかないんじゃないか?

 PowerPoint的にやってる人とかいくらでもいるんじゃないか?

 そんな当たり前のことに今更気づいたりして、そういうのを出したりした。

 別に動画ひっつけて紹介するのは嫌と言うわけじゃないけれど、やはり基本的には自分のファンになってほしいというか、自分の考えを好きでいてくれた方が、後々は結果的にはいい方向につながるんじゃないかと言う気はしていた。

 そんなもの全く観られないかと勘繰っていたが、もちろん他の動画に比べて数段桁は落ちてしまうが観てくれて、そしてコメントをくれる人もいた。

 すると不思議なもので、次から次へとアイデアが湧いてきた。

 自分の拳が、幼少の頃に壁を殴りすぎて変形したことや、本当の息吹のやり方、拳の作り方なんかも今度は自分が持ってるRX-100というSONYのデジタルカメラで録画して、アップしてみた。

 そして最初は慣れていなかったので微妙に顔が入りそうになったりして、慌ててソフトでモザイクつけたりしててなかなか大変だったりしたが(笑

 そんなこんなのやりとりする中、別のところでは劇的な変化が起きていた。

 自分のチャンネルの登録者数の推移だった。

いいね、コメント、チャンネル登録?

 YouTubeに詳しい方はご存知だと思うが、とにかくYouTubeを始めた場合に大事なのは、この登録者数だったりする。

 皆、YouTuber、動画の最初や、真ん中やら、そして最後は必ず、いいね、コメント、チャンネル登録よろしくお願いしますと、ほぼ言う。

 これはYouTubeのアルゴリズムからなっている。

 YouTubeのアルゴリズム的に、ただの視聴回数だけではなく、イイネやコメント等の、いわゆるリアクションのある動画の方が視聴者の関心が高いとされて、他の視聴者に対してのオススメ等に出現する確率が上がると言われているのだ。

 YouTubeの場合は検索でヒットすることよりも、ホーム画面やオススメで出てくる方が圧倒的に重要だと言うことをかなり最近知ることになった。

 それまではYouTubeはあまり見なかったから、お目当ての動画を探して、見て、それで終わりだったから、なんとなく面白いものを探す場合に、ホーム画面を何回も更新したり、面白い動画をサイドバーに並んでいるオススメをクリックしたりと言うことをしてこなかったからだった。

 そして、チャンネル登録者数がどれだけ大事かと言う事は、まだその時点では知る由もなかった――

___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

おススメ記事!

一覧はこちらへ!→ うつ病・潰瘍性大腸炎

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇