新着記事

極真空手家が考える 強さを構成する5つの要素を完全解説!

強くなりたい 大体格闘技を始める人のそのほとんどが動機として抱えるのがこれだろう ...

“小よく大を制す”堺貞夫 世界王者松井章圭を追い詰めた極真の奥義のその神髄!

小よく大を制す 武道、主に柔道などで、いやそうでもない相撲などでも、格闘技でも使 ...

“戦慄のブラジリアンキック”グラウべフェイトーザ 人間凶器と恐れられた足技、秘密・ルーツに迫る!

二つの異名 戦慄のブラジリアンキック。 人間凶器。 この2つ名が、これ以上ないほ ...

塚本徳臣vs岡村繁美 “空手革命児”vs”鉄人”の長崎県大会史上ベストバウト!

前回の記事→ “空手革命家”塚本徳臣 上京から帰省しての第10回長崎県大会の活躍 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

“空手革命家”塚本徳臣 衝撃の18歳による県大会デビュー戦を紹介!

2021年4月15日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

伝説の空手家知られざるデビュー戦

塚本徳臣は極真空手の歴史を、その技術を、根本から塗り換え、その2つ名の通りに空手に革命を起こした、伝説の空手革命家だ。

彼が残した記録は数しれず、前例がなくこの先破られる事は無いであろう33連勝の記録に、全日本及び世界の体重別並び無差別のすべての大会での優勝と言うグランドスラムの初の達成者、史上最年少記録及び史上最年長記録への世界大会優勝。

まさに偉大なる空手家である彼の歴史は、大体が初めて全国で結果を残した第11回全日本ウェイト制大会の第4位の記憶から語られることが多いが、その実際は彼の出身地であり兄であり原点である長崎の、第9回長崎県大会から始まっている。

現在でこそ長崎県大会は高校生の部と一般の部に分けられているが、その当時はそういう概念がなく、全てが一緒くたになっており、その中で結果を残すのは困難な中で、塚本徳臣は18歳の身でありながら凄まじい活躍を見せた。

今回は、まさにその貴重映像とともに、その軌跡を追っていきたいと思う。

左中段廻し蹴りの猛威

第1回戦から登場した、現在では見られることのない真ん中脇の長い髪をなびかせて、豪快なかかと落としを中心に攻め込み、強烈な下突き、膝蹴りというその後につながるスタイルの一端を見せ、早々に腹をきかせて対戦相手を場外に叩き出す。

そして最後は強烈な左中段廻し蹴りにより、貫禄の1本勝ちを見せつけた。

続く2回戦、体格差を活かして前蹴り、後ろ蹴りを中心にダメージを与え、やはり強烈な左下突きにより腹にダメージを与えて、1回戦に続いて同じく左中段廻し蹴りによる技あり、そして1本勝ち。

現在見ても、これが高校生の戦い、圧倒ぶりとは信じられない。

続くベスト16で対戦したのは、長崎県大会ベスト4常連である、塚本徳臣と同等の上背を持ち、その時点でははるかに上回る体格を持った野本照幸。

戦いはお互いの得意技である下突きが交錯し、時折膝蹴り、そしてローキックが飛び交う、激しいものとなる。

野本照幸もこの体格でしっかりと捌き、蹴りを扱える丁寧な組手を信条としているので、スマートでテクニカルな壱戦だった。

その中で、またもや塚本徳臣の左中段回し蹴りがカギとなった。

あの巨体である野本照幸が明らかに効かされて、徐々に押されていく。

最後は膝とパンチでしっかりと攻めきり、本戦3対0の勝利を獲得した。

本当にこれで高校生というのが信じられない。

この時期に高校生の全国大会があったならば、まず間違いなくぶっちぎりの優勝を果たしていることだろう。

3年後に世界最強となるその一端を見せつけた貴重映像

そして迎えた準々決勝戦、対戦相手の接近戦及びローキックに戸惑いながら、少しずつ押されながらもやはり強烈な下突きと前蹴り、そして今度は前足の右足のローキックで相手の足を痛めつけ、少しずつだが自分のペースを握っていく。

そして相手の手数が出なくなり、膝切りにより腹も効かせて、判定を勝ち収めるかと思われたが、2対0とあと1本旗が足らずに延長戦になった、その直後だった。

塚本徳臣が放った左の膝蹴りによって、塚本徳臣本人がマットの上にうずくまった。

立ち上がれない。

どうやら膝蹴りを打ったときに、相手が膝で受けたために、それで膝関節か、もしくはそこに近いところを強打てしまったようだった。

そのまま立ち上がることができずに、塚本徳臣は1本負けとなった。

塚本徳臣の県大会デビュー戦はベスト8。

実際その勢いを見るに、ベスト4まで入る事は充分すぎるほどに可能な実力があったと言えるだろう。

デビュー戦としては、あまりに鮮烈なまでの実力を見せつけた。

ここからわずか3年後に世界最強の男に上り詰める、その一端が垣間見える、はつらつとした貴重映像と言えるだろう。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇