世界一不味いと言われているイギリスのご飯って実際どうなのかって話

2019年11月22日

率直に言ってまずいです(笑

実際、ロンドンに行った理由の1つとして、その世界一まずいっていうのはどうまずいのかを知りたいって言うのはありました。だけどその時の私は、日本の米が死ぬほど好きだったので、もうしばらく食べられなくなると思うと、行きの飛行機の中で最後の米を噛み締めていたのを思い出します(笑

ちなみにですけど、なんでロンドンの飯が1番まずいって知ったかって言うと、Fate/stay nightて言うゲームで遠坂凛と言うキャラクターがイギリスのロンドンの時計塔にある魔術協会に赴いた際に、本当にまずくて死ぬかと思った! って言ってたのを聞いて知りました、この辺オタク脳ですね(笑

閑話休題。
じゃあどうまずいかって言うと、基本的に彼
ら調理しないんですね。


イギリスと言えば1番有名なのはこのフィッシュアンドチップスだと思うんですけど、これってただ揚げただけで、下味も何もついてないんですよ。

じゃあどう食べるかって言うと、この上に塩たっぷり振って、ビネガーつまりお酢をたっぷりかけて、ケチャップとべったりつけて食べるんです。

凄くないですか? ちなみにのちに1ヵ月だけ短期留学に来た弟は、自分が塩をチップスの上にふりかける量に驚いて、まるで雪のようだ、と呆然としていました(笑

次の一例です

この、素材そのまま感が素敵でしょう、なんて(笑
基本的に彼らは、肉とかは揚げる。野菜は茹でる。これしかしません。これも、素材本来の味しかしません。だからこの上に、塩たっぷりふりかけます。基本全部塩味になります(笑


このパスタも強烈ですよね(笑
中央にトマトソースだけ! ある意味男らしい!!
ちなみにさっきのお皿と同様に隅にくっついているのは、ミートパイです。もちろんというか冷凍もので、チンしてます。どうやら彼らはこのミートパイが大好きみたいで、あらゆる献立にくっついてきます。といってもまぁ、あらゆると言うほど種類がないのは結構残念な感じですけど(笑

大体が、こんな感じです。画像3枚で説明できてしまうのもある意味凄いですけど。

ですが、これはあくまで基本です。他にもいくつかバリエーションがあって、実は私も好きなものはあったりするんですよ。それは次の機会にお話しできたらなぁと思ってます。

ちなみに今回、確かに結構ディスって言うな形にはなってますけど、でも慣れると素朴というか、凝ってないというか、こってりしてないというか、いやまぁ確かに揚げ物油がすごいんですけど、まぁなんていうか舌は慣れてくるから、そして紹介してくると妙に食べたくなってくるから、やっぱり習慣て凄いなぁと思います(笑

なんだかんだで、第二の故郷の味です。これでロンドンの飯微妙とか思わずに、いちどぐらいは1週間ぐらい来てもらって、チャレンジしてもらったら、ある意味で何でも食べられる日本とは違う、嫌な意味じゃなくて皮肉でもなくて、そーゆー食文化も新鮮かもしれませんよ?

僕もミートパイ好きですし(笑
___________________

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング