武道家足る父との語らいその1

2019年10月11日

というわけで、今日は武道の話をしようと思います。

今回は、長年父と空手について語ってきましたが、かつてないほどの収穫を得ました。

バガボンドでは無いですが、私は、武道の、空手の意味について考えすぎていました。

私は試合、つまりは組手とは、相手との調和だと考えていました。

相手がこう攻めてきて、自分がこう受けて、そして反撃して、相手に綺麗に決めて、そして結果的に美しい攻防が繰り広げられて、美しい一本の線のようなきれいな組手と言う芸術品ができあがる。

私は今まで、そのように考えて、そのような素晴らしい組み手を作るように心がけてきました。ある意味では、それは将棋的な発想だったのかもしれません。棋譜と言うものは、受け攻めが一手ずつに切り替わり、その美しさと言うものがよく論議されます。

しかし今回、私は敗れました。試合を見返してみて、押し合いや、手数では負けていないように思っていました。

しかし、父に指摘されました。

お前は、攻撃する気がない。

そんなことはないと、反論しました。私は自分なりに精一杯、勝とうと、相手を攻略しようと、そうやって尽くしてきたと。

しかし父の意見は違いました。

いや、私の考え方が、多少ピントがずれていた、と言うのが本当でしょうか。

自分は空手家では無い。ただ空手をやっている人だ。

武道には、道と言う文字がついている。

それらの考え方が、間違っているとは思いません。しかし、いざ相手と戦う、そういう段階に至った場合には、また話が違ってきます。

バキ、と言う漫画を思い出しました。やはりこれだけ世界に認知されている漫画と言うものは、その奥底にある種のの真実を秘めていました。

戦いとは、自分がやりたい戦い方を押し通して、倒す。そういう自分勝手な考え方を、押し付け合いだ。

要約して、自分なりに解釈すれば、こういうことになります。

私はもともと、相手を押しやってと言う考え方が苦手でした。そして、父が昔言った、自相手の攻撃を壱発もらわずに、自分の攻撃100%勝てる、そういった理想を体現しようと思っていました。

解釈が違っていました。父のそれは、額面通りの意味ではありませんでした。

自分の攻撃を当てると言うのは、ただぶつけると言う意味ではなく。

自分の用うる攻撃力を100%相手に伝えて、そして倒すと言う意味合いでした。

相手の攻撃を壱発をもらわずおいうのは、全てさばいて避けると言う意味ではなく、相手に意図したような動きをさせず、ダメージをもらわずと、そういった意味でした。

父曰く、私は自身の実力の4割も出せていないそうです。正直今回、あまりの自分のふがいなさに、生まれて初めて一瞬ですが、引退と言う 2文字が脳裏をよぎりました。

武道と言うものを、私は、まだ理解しきれていませんでした。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング