語学留学1ヵ月迄に起こるいくつかのこと

2019年11月22日

まず、頭が痛くなります。これはほぼ例外ないようです。よっぽど頭がいい人とかは別かもしれません。とりあえず僕と同期とか、付き合いがあった青山学園のみなさんとかは、この症状が出ていたように思います。

今までは、人生において日本語でコミニケーションをとっていたのに、突然基本的に全てが英語になります。その英語の意味がわからなくて聞いても、その説明のためにより簡単な英語でしか説明してもらえません。

これはかなりのストレスとなります。常に脳が緊張していて、休まることがありません。それが頭痛となって、症状が現れます。しかしそれほど深刻なものと言うわけでもありません。夜は眠れますし、頭が痛くて何かに差し支えるほどではありませんから。

大体脳が慣れて、頭痛が取れるのは、1ヶ月経過した位だったかなぁと思います。もしかしたら2ヵ月経過かもしれませんけど(笑

そしてその時期によく行われるのが、パーティーです。


外国人というか、外国行っているのはこちらの方ですからあえて日本人以外と言う言い方をしますが、本当によくパーティーをします。ほんと3ヶ月ぐらい留学してると、パーティーしない日本人て世界から見たら変なんじゃない? と思えてきます。それぐらいパーティー三昧です。

新しい仲間と知り合ったら、とりあえずパブでパーティー。その仲間が自分の仲間と引き合わせてくれたら、今度はクラブでパーティー。クラブで知り合った仲間と、今度はバーベキューパーティー。何もお金を使うまでもなく、それぞれ自国のレストランでパーティー。家でカップラーメンパーティーとかもやったような気がします(笑

なじみがなかったんですが、やってみればめちゃくちゃ楽しかったです。知らない人たちが酒をかっぱかっぱ飲んで、君はどこからきたの、その国はどんな国なの? 僕のはこんななんだ。今度こんなことしようよ!

異文化コミニケーションというのは、本当にいいものです。全てが新しい発見の連続で、勉強で、そして自分の知らなかった自分の周りの物の再発見になります。日本って最高、海外って最高、地球って最高、ちょっと言い過ぎましたかね(笑

ある意味で1番対応に苦労していて、そして浮ついているのはこの時期かもしれません(笑

___________________

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング