勝敗に意味はない、ただ道を歩くことこそが全て

2019年10月11日

暴論かもしれないが、それが私が至った結論です。

幼い頃からカラテカとして生きてきて、けれど師匠にお前は空手が好きな空手愛好家だと言われ、自分に才能がないことを嫌と言うほど突き付けられて、けれど凝り性で、創意工夫してどういう風に上手くなっていくかを考えることが大好きで、腐らずにやっていって、その結果少しずつだけど芽が出てきたけれど、大きな結果には結びつかず、だけど選手として第一線でやっていくには結果が何より第一で、そうやって自分に厳しくやっていかないと、自分が保てないと言う日々を過ごして、そして鬱に至るところまでやっていっていました。

すいません、かなりわかりづらいですね(笑

だけど本気で空手というか、格闘技に携わっているというか向き合っている人は、大なり小なりそういう考えにとらわれていると思います。

とらわれていると言う考え方はあんまり良くないですかね(笑
ですが、勝負事、2人が対峙して、どちらが勝ち、どちらかが負けると言う性質上、どうしても上下、そういうふうに捉えがちです。

けれどそんなことに、本当は意味などないのです。

そう結論づけたきっかけは、アドラー心理学、そして私が尊敬する、羽生善治さんでした。どこまでもどこまでも、自分の追求する道を歩いていくことこそが、ただ唯一の、なんていうか──

すいません、短くまとめようとしたんですが、短くまとめられませんでした(汗

というか、短くまとめられるんでしたら、その学問と羽生先生が、長く語られているわけがありませんでしたから、それは無謀な挑戦でした(汗

そしてきっかけはその2つでしたが、具体的に違和感を覚えたのは、空手を長く続けていく上での、人々の意識の変遷でした。


主に学生とか、もしくはものすごく活躍してる時は、結構集中するんですよ。俺、空手にかけてますから! 結構そんな類のことを言ったりするんですよ。


けれど高校、もしくは大学を卒業したり、しばらくして勝てない時期が来たりしたら、いつの間にかどうやったら強くなるとか、大会の話題とかでなくなるんですよ。

そして、話題は会社の事とか、家族の事とか、お金の事とか、そんな感じになっていくんです。

昔は寂しいときとかありましたね。みんな空手飽きたのかなとか? そんな空手好きじゃないのかなあとか。

だけど、普通はそうなんですよ。成果が出ないと、飽きるんです。そして当たり前の、自分が携わっているものの愚痴だとか、お金とか、そういう当たり前の即物的なものに流れていくものなんですよ。

だから、1回勝ったとか、チャンピオンがどうだとかとは、そんなことにほんとは意味ないんですよ。だって次は勝てるか分からないし、チャンピオンは必ず最後チャンピオンじゃなくなるし、もっともっと極端なこと言いますよ?

何十年もかけてすごい技術を培ってきても。

身長2メートルで体重150キロの200キロのバーベルをブンブン振り回すような20歳前頃スタミナ無尽蔵の若者には、ただパンチとローキックだけで負けちゃうんですよ。

で、じゃあ意味がないからやんなくていいかというとそうじゃなくて。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング