那須川天心vs堀口恭司 カリスマ対決の明暗は、極真と伝統派空手というバックボーンの違いだった!

2019年11月17日

今日はむちゃくちゃ時流に乗って、那須川天心vs堀口恭司の一戦について語ろうと思う。


今更語る必要もない位、正直個人的に言えば今世紀最強クラスの1戦だったと思う。


正直、こんな夢の一戦が、こんな急転直下で決まるだなんて、想像だにしていなかった。


前置きはこの辺にしておこう。

早速本題入ろう。


この2人の勝敗、明暗を分けたのは、バックボーンである空手の種類の違いだった。


断言できる。具体的に言うならば、試合途中解説も言っていたが、那須川天心のバックボーンは極真空手で、堀口恭司のバックボーンは伝統派空手だ。


この2つの有名な違いは、打撃を当てるか当てないか、そして間合いの違いだと言われている。


しかしこの1戦に限って言えば、違いはその2点ではなかった。


2人の明暗を分けたのは、持ち合わせている技の種類の豊富さだった。


伝統派空手は、当然のことではあるが打撃を実際には当てない。必然遠間から飛び込み、顔面への突きを主体とする。堀口の場合は蹴り技も使うが、それは基本的にはオーソドックスな前蹴り、そして上段中段下段への回し蹴りが主なものだった。


そして今回の試合の明暗を分けたのは、那須川天心の放った、2つの技だった。


胴回し回転蹴りと、左中段回し蹴りだ。






あの胴回し回転蹴りが当たった理由は、堀口の意識の隙間をついたことによる。それまで1ラウンドから3ラウンドの中盤まで、那須川は基本的に回転系の技は使っていなかった。途中ムエタイのレジェンドであるセンチャイが得意とする側転しながらのハイキックを放ったりはしたが、基本的にはオーソドックスな戦いを演じていた。


実際見ていた私自身も、まさかあのタイミングで倒れ込み、左の胴回し回転蹴りを放ってくるとは予想だにしていなかった。タイミングや体の傾きから、てっきり右のストレートが飛んでくると思っていた。実際堀口も、それに対応するような動きを見せていた。


当然だが、伝統派空手には胴回し回転蹴りは無い。そして寝技が主体である総合格闘技においても、胴回し回転蹴りが使われることは少ない。まさに嘘をついた一撃だった。


その後ロープ際まで追い詰め、右のジャブから左ストレートを顎に決め、そこから通常であれば顔面に打撃を集めるところだ。


しかしそこで、那須川天心は左中段回し蹴りを3連発した。いやこの場合は左ミドルキックと言ったほうが正しいだろう。1発目、そして2発目は完全に腕を狙ったものだった。私はそれを見たとき、てっきりムエタイのように腕の破壊を狙っているかと思った。堀口も同じように考えたのではないか。


しかし3発目のそれは、蹴りの軌道が全く違っていた。下から滑り込ませるようなその1撃は、完全に極真カラテのものだった。必然ガードが上っていた堀口の腕をかいくぐり、肝臓に直撃した。あの堀口が、ボディーの1撃で、顔を歪ませた。


伝統派空手には、胸を狙うような回し蹴りは存在しない。実際当てることをしないため、他の格闘技を吸収すると言う必要性が存在しないのだ。ここが2人の明暗を分けた、2つ目のポイントだ。


胴回し回転蹴りによりダメージを与え、そこから定石である左ストレートに繋げ、その後左ミドル2連発から、左中段回し蹴り。文句のつけようのない完璧なコンビネーションだった。これはむしろ倒れなかった堀内を褒めるべきだろう。


しかし顔面への2発の有効打、さらにはボディーへの深いダメージ、ポイント差は明確なものとなった。
___________________

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング