自分国の王様になろう

2019年10月11日

自分が何したいかわからない。

よく聞く話です。どうしたいかわからない。だから指示してほしい。だから人の評価が欲しい。人の望む人生を歩む。

だけどいつの間にか、自分が何のために生きてるのか分からなくなる。

生きるのがしんどくなる。

この負のスパイラルから抜けるためにいろいろ試行錯誤してたどり着いた結論が、それでした。

常に、私は自分にお伺いを立てています。

王様、今の気分はいかがでしょうか?

王様、今なされている事はお気に召していただけているでしょうか?

王様、何かしたい事はございますか? 本日お召し上がりになりたいお夕食は何でしょうか?

人はどうしても、自分の優先順位を下げてしまいます。それよりも他人の、それよりも仕事、お金を ── 気持ちは痛いほどわかります。

それは日本人の、慎み深い性格として、幼少の頃より刻み込まれてきた遺伝子のようなものですから。

ですがそこから抜け出しましょう!

勇気を持って、自分のために生きましょう!!

そこで、自分の心の声を聞かなくてはいけません。自分が何したいかなんて、そこを飛ばしてわかるわけありません。丁寧に、丁寧にいきましょう。

常にお伺いを立てていれば、自分が飽きっぽいだとか、逆に粘着質だとか、活動的だとか、内向的だとか、もうとっくに今の環境には飽きてるとか、でも変化は怖い、けど興味があるだとか、そういう細かい細かいところがわかっています。

子供を見てみれば、わかります。一瞬前に言ったことを、子供は覚えていないし、気にもしていません。それぐらいでいいんです。それぐらいこそが、本当の本当の自分なんです。

自分の国の法律を見極めましょう。自分の国を常に豊かに、幸せな状態にしましょう。そして常にもっと良くなるように、常に国民の声を聞きましょう。

脳みその声を、体の声を、内臓の声を、筋肉の声を、真摯に聞きましょう。

自分の国の王様として、常に良き王様として君臨し続けましょう。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング