新着記事

死に至る病――うつ病闘病記㉘「予期せぬ助言とYouTubeチャンネル」

 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む_______________ ...

風立ちぬ 航空機への愛と堀越二郎へのリスペクトを込めた伝記作!

宮崎駿最後の作品 ご存知スタジオジブリの、宮崎駿の皮肉を込めてだが現在進行形では ...

究極連打 長谷川穂積の引退試合 実写はじめの一歩デンプシーロール!

3階級制覇を賭けたウーゴ・ルイスとの戦い 長谷川穂積。 日本が誇る世界3階級チャ ...

アントニオ猪木vsモハメドアリ 世紀凡戦は13R究極ジャブが閃いた!

世界初の異種格闘技戦 アントニオ猪木VSモハメドアリ。 新日本プロレスの企画した ...

記事ジャンル一覧

ⅩⅩ:聖堂の騎士

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

本編

「……お前、名はなんという」

「あ、はい、その……エリュー=オブザードと、いいます」

「ん……お前の職業(クラス)は、『武剣士』だ。通常の剣士としてのスキルに加え、高い身体能力の恩恵も受けているものだ」

「ハッ、だせぇ」

 その後ろからの"野次"に、ついにエリューは臨界点を迎えた。

「……お前、なんなんだよ?」

 そのエリューの剣幕にクッタは眉ひとつ動かさず、

「さっきも聞いただろ? ここじゃオレは、暴れらんないんだよ。ただ、どうしてもってんなら、表出ろよ」





 不意に二人が外に出てきて、マダスカは動揺を覚えた。

「エリュー、と……?」

 マダスカはてっきり、最後のエリューはトピロ司教と一緒に現れるものと思っていたため、意表を突かれていた。
 えらく軽い印象を受けるその男は、不釣り合いとも似合うともいえる高潔な騎士服をまとっており――

「んで? お前なにか言いたいん……?」

 フラフラしていたその視線が、とつぜん一点に固定される。

「――け、賢者オルビナ?」

 そしてその緩かった表情まで引き締まり、まるで子どものようにバタバタと駆け寄り、

「ず、ずっと前からファンですっ! ずっと憧れてましたっ! お会いできて、光栄ですっ!」

「お、おぉ……?」

 その、前のめりにがっつり迫り両手を握る勢いに、オルビナは押される。
 マダスカはその状況についていけず呆気に取られ、エリューはわけがわからず困惑していた。

「な、なに……こいつ?」
「……なんなんだ、いったい?」

 だがその的であるクッタは、まったくその空気に気づく――気にする様子もなく、

「そ、それでですね! お会いできたら、是非ともお願いしたいことがありまして!」

「な、なにかね?」

「い、いいんスか? 言って、いいんスか?」

「い、言ってみたまえ」

「ぼ、僕を魔王軍との戦いに、連れて行ってください!」

 一瞬場の空気が、静まり返る。

「……魔王軍との戦いに、かね?」

「はいっ!」

 その少年のような純粋な瞳で、クッタは肯定した。

「僕、知ってるんですよ! 賢者オルビナさんが、魔王軍をぶっ潰すための組織を結成してるって! 賢者騎士団っていうんでしょ? それに、僕も入れてくださいよ!」

「あぁ、それのことなら……潰れたよ」

 一瞬の静寂。

「…………え? な、なにいってんスか?」

「事実だよ。賢者騎士団――レジスタンスの本部は、魔王直属の近衛兵であるエミルネルの襲撃により、壊滅した。その時ほとんどの団員が重体、もしくは重傷を負い、戦線を離脱。残るはここにいるメンバーのみだ」

「う……ウソ、でしょ?」

 目を見開き、愕然としているクッタを見て、僅かエリューは印象を改め――

「……なら、僕と組んでくださいよ! 僕、この聖堂の騎士なんです! 絶対に力になりますから!」
「組む? 仲間に加える、の間違いではないのかね?」

「そこの二人のことなら、僕は信用していない」

 そして、再度修正し直した。

「……お前、」

「聞き捨てならんな」

 抗議しようとしたエリューより先に、マダスカの口から静かで冷たい声があがった。

「ん? なんか用か……おじょーお、ちゃん?」

「お前……なめているのか?」

 お嬢ちゃん、という舐めきった、しかも子どもをあやすような口調に、マダスカは睨みを利かせる。
 三十センチ以上ある身長差の、下から、上目遣いで。

「おーおー、ちっちゃくて可愛いのに無理しちゃってまぁ……」

 と頭を撫でようと手を掲げ――

「…………!」

 マダスカの怒りの魔力が込められた一睨みでパン、と弾かれた。

「おー、いてて……あーらら、怒らせちゃったかなー」

 それにクッタは心外だ、という笑顔をオーバーリアクションで作り、手をヒラヒラさせたあと、エリューの方も一瞥して、

「……お前ら、スパンブルグに来たばかりなんだろ? くだんねーな。そんな冒険初心者、足手まといもいいところでしょう、賢者オルビナさ――」

「取り消せ」

 その目の前に、突然エリューは現れていた。

 それにクッタは、片眉を上げる。

「……ほー、動きだけはいっちょ前だな」

「俺たちは、ここまで三人で協力して、死に物狂いで戦ってきたんだ……それをバカにすることは、俺がゆるさねぇ」

「許さないなら、どうだっていうんだ?」

 ほぼ10センチの身長差、上からクッタは不敵な笑みを浮かべた。
 それにエリューは背を向け、

「…………お前なんか、いらねぇよ」

「教えてやろうか? お前が、どれだけ戦力外なのかどうか?」

「…………」

 後ろから挑むように呼びかけられ、エリューはそのまま動かず、代わりのようにマダスカが傍にいるオルビナに、

「……オルビナさま」

「ふむ……やらせるとしよう」

 その言葉に、エリューの肩がぴくっ、と震える。

「騎士の力は欲しいが、現在のパーティーを解散するつもりはない……ならば、双方の言い分が納得できるように、一度ぶつける方がいいだろう」

「表出ろ、クッタ」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇