那須川天心VS武尊① もし闘わばどちらが勝つか考察

2019年10月11日

大変今盛り上がっているトピックと言うことで、何か時流に乗る感じでちょっと恐縮なんですけど、あえて乗ってみようかななんて思って今日はこのテーマで行こうと思います。

その①、なんて書いてるのは、やっぱりもし戦わばっていうのは格闘技に関してはある意味1種のタブーでもあり、その上で考えようとすればやっぱりデリケートな問題だったりして、しかもバリバリ現役の2人なんで成長をしたりとか怪我もしたりとかするんで判断材料も増える一方なんで、そういうのも踏まえてその壱です(笑

まず現在の見解を述べる前に今回は、それまで考えていたことをまとめて披露したいと思います。

まずはもともと、私は那須川天心が勝つ派でした。

まぁそうは言っても、割合は6対4位でしょうか。もちろん大接戦にはなるとは思いますが、しかし競り勝つだろうと言う意見でした。

理由としては、それまでの2人のキャリアです。

まず以前にも述べましたが、武尊はK-1の看板選手となってしまった以上、基本的には負けるのが許されない立ち位置になってしまいました。それは彼が素晴らしい強さを発揮して、逆境を克服してきた結果であり、それ自体は賞賛されるべきものだと思います。

しかしそのせいで、まず勝てないだろうと言う選手はおろか、勝つか負けるか五分五分と言うレベルの選手とすら戦う機会は、奪われました。これはある意味、不安だとさえ思います。選手はやはりあるときはケタ外れの相手と戦って、決定的敗戦を経て、その上で自分を完全に分解して、再構成する必要があります。





これは将棋でも言われていたことで、どんなに強い棋士でも名人とタイトル戦を戦えば、いちどは調子を崩すそうです。それは7番勝負の最中で、これまでの自分ではダメなんだと徹底的に思い知らされるから、いちどバラバラにして、また組み直さなければいけないと骨身に知らされるからだそうです。

武尊は以前も述べたように、空手の、それを極めて高度な、しかし基本的な理念をベースとした、素晴らしい戦い方です。

対する那須川天心は、常に逆境にいました。対戦相手はそのほとんどが、まず勝つ事はありえないと言うレベルの選手ばかりでした。そもそもがその名を知らしめたワンチャローンセンチャイジム自体が、伝説的な相手です。それを後ろ蹴りのいっぱつで、意識を吹っ飛ばしてしまうなんて考えられません。

なぜそんなことができたのかと言う理由をひもとくために、那須川天心のインタビューが大変参考になりました。

那須川天心はもともとが格上や、自分よりも圧倒的に体重が重い選手とのスパーリングを繰り返しており、それ故そういった相手から基本的には一発ももらわず、素早い攻撃で崩していくと言う、そういうスタイルを完成させていったそうです。

現時点で、というかその時考察をしていた時点で、2人のスタイルは対極と思えるものでした。片方はオーソドックスに、隙を見て詰めていくスタイル。もちろん武尊です。

対してもう片方は広い間合いで壱発ももらわずに、様々な技で翻弄していっぱつ当ててそこからパンチで詰めるスタイル。

問題は、片方は片方のスタイルに慣れているか否かと言うことでした。

当然那須川天心は、慣れています。基本的に相手が強く、詰めてくる。にかいやったムエタイの超一流選手、スアキム、ロッタンもそうでした。そんな中でも丁寧に丁寧に相手の攻撃をさばき、そしてポイントを稼ぎながらも壱発を狙う。だからこそ攻略できました。

対する武尊は、自分より格上や、もしくは近い選手との対戦経験が圧倒的にありません。これはかなりのフリといえます。

実際やれば、那須川天心のスタイルに戸惑い、少しずつポイントが積み重ねられてしまう、その可能性はある程度高いと言わざるをえませんでした。

私が現ムエタイラジャダムナンチャンピオン、ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーとの戦いを拝見するまでは。
面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング