紅茶の本場と思ったら、意外とロンドナーもインスタントコーヒー派が多い!?

ロンドンと言えば紅茶といっても過言ではないかもしれません。

私は本質的にはオタクなので、漫画なんかでもよくアフタヌーンティーだったり貴族だったり麻生太郎大臣が読んでいたローゼンメイデンだったりで、そういうイメージがしっかり固定観念として植え付けられていました(笑

確か漫画の中では1日複数回ものアフタヌーンティータイムがあるだとか?

日本では実家の方針で緑茶ばかり飲んでいて、ほとんど紅茶は知らないレベルでした。
だからこそ、紅茶の本場のロンドンで、どんなアフタヌーンティーワールドが待ち受けているのか、個人的には結構興味がありました。

現実的に考えて、1日に何回もアフタヌーンティータイムだと設けられるのか?
懐疑的というのが実際だったかもしれません。

果たして私が滞在していた一般よりもやや貧しいとも言えるかもしれない家庭では、1度のアフタヌーンティータイムも行われる事はありませんでした。

というか1度も紅茶自体が飲まれていませんでした。

私は諸事情があり五ヶ所ものホームステイ先に滞在したのですが、どこもかしこも飲んでいたのは、日本でもお馴染みの粉末をお湯で溶かすタイプのインスタントコーヒーでした。

なんともそそらないオチですね(笑

当たり前の話ですが、ちゃんとした所の厳選された紅茶は当然のように高級で、いかにロンドンといえども庶民一般の人が一日に何回も飲めるようなものでは無いそうです。

それに加えて普通に皆さんコーヒーも好きと言う感じで、結果的にはダイニングで繰り広げられる光景はロンドン特有のものと言うわけではなかったです。

これもそれなりにお金持ちだったり古風だったりすると、日本で言えば武家屋敷だったり茶道の本家だったりしたら抹茶や緑茶に対する取り組み方が違うのと同様だったりするのかもしれませんが……。

ふと、自分でポットで作ったインスタントコーヒーを飲みながら、思った事は――

自分の郷土である長崎も=カステラと思われがちですが、実際のところカステラって普通に買うと高いわけで、長崎の人たちも普段食べているものは関東の人たちとかわんないなぁと思うと、実際のところってロマンがないなぁとか考えたりした次第です。
___________________

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング