新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

魅惑のチーズCOLLECTION「パルミジャーノレジャーノ」

2021年11月14日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

チーズはスーパーだと安く手に入る

僕はチーズが趣味です。

というかチーズマニアです。

好きというより、そっちの方が正しい言い方かもしれません。

一般的にチーズって聞くと金のかかる趣味と思われがちですけど、僕の狙いは基本的にはイオンで売ってる賞味期限切れ間近のやつでして、結構30から50%オフくらいにはなってくれます、たぶん日本人自体がナチュラルチーズってものになじみがないからと思います。僕としては助かってますけど(笑)

それだと大体2、300円とか、高くても4、500円位で手に入るので。

最初の頃こそただ食べるだけで終わってましたが、途中から所持している1番いいデジカメで3アングル位から撮るようにしました、もったいないんで(笑

なにが勿体ないか? それは、僕がチーズにロマンを感じているからです。

そう、チーズはロマンなんです!

チーズはロマン

他の食べ物でロマンを感じることがありますか? 少なくとも僕はないです。

実際のところ、僕が世界で1番好きな食べものはチーズではないです。正直ステーキ、うな重なんかが好きだったりします……が、そこにロマンは感じません。

じゃあそのロマンとは何を指すのか?

それはいわゆる……未だ至らぬ、未踏の地への憧れです!

意味がわかりかねるかと思いますが、例えばワンピース。まんまタイトルの見果てぬ宝を追っている、そこにルフィたちは魅せられ夢中になっていますよね? あえていわせてもらえば特に馬鹿な男なんかは、そういった勝つか負けるかどうなるかわからない冒険に出たい生き物だったりするんですはい異論はいくらでもどうぞ(笑)

では実際のところ、チーズの凄いところはなにか?

まず見た目とか名前だけでは、その味が全く想像がつかないところです。

チーズは味の想像がつかない

サンタンドレ、とか、ベルパエーゼ、オッチェリアルバローロとか言われて想像つきますか? 文字通り完全なる未知の食べ物です。辛いのか甘いのか酸っぱいのか苦いのかしょっぱいのか、それこそ口に運ぶまで全くわからないそんな食べ物。他には今のところほとんど思いつきません。

それプラス、名前がえぐいぐらいカッコいい! オタクとか中二病心をくするぐるそのセンスに僕はすっかり魅せられています!

ペコリーノロマーノ、ラクレット、グラナパダーノ、ナポレオン、ボーフォール・エテ、オッソー・イラティ、オッチェリ・アル・バローロ、アイリッシュ・ポーター、ミモレット・エクストラヴィセイユ、コンテ、モルビエ、カンタル・アントル・ドゥ、ベームスター・クラシック…軽くあげただけでもときめきませんか?

もしときめいたとしたら一緒においしいお酒が飲めそうです☆

こんなかっこいい名前の料理というか食べ物、どんな味するかとか興味わきませんか?

と、前置きが長くなりましたが、第一回は私が最も愛するチーズの1つ、パルミジャーノレッジャーノでいきたいと思います!

台所の主夫

パルミジャーノレジャーノについては、もしかしたら多くは語る必要がないかもしれませんが、何か聞いたことがあるかなぁ位の人もいるかもしれませんので、軽く説明を。

イタリアでは、台所の主夫と呼ばれています。なぜなら、このパルミジャーレジャーノには白いつぶつぶがあり、それがすべてうまみ成分であるアミノ酸の結晶体となっています。

このパルミジャーノレジャーノを加えるだけで、どのような料理も格段にうまみ成分をアップさせることができます。そのため、イタリアのありとあらゆる料理にこのチーズは使われており、その役割からそのように呼ばれています。

日本にはパルメザンチーズと言う粉チーズが普及していますが、これはいわゆるそのパルミジャーノレジャーノを模して作られたもので、日本語で訳したらパルミジャーノ風味のチーズと言うようになります。本物と比べてかなり安価となっています。当然ながら風味、旨味、香り、全てがかなり劣るように思われます。

イタリアではDOPと言うものがあり、産地などが細かく決められているので、たやすく名前を使うことができないのです。

ですから粉チーズ=パルメザンチーズと決めつけず、ぜひこのパルミジャーレッジャーノを使ってみてください。

そうはいっても、最初はぜひともそのまま丸かじりしてみてください! その濃厚な凝縮された結晶の旨味にびっくりすること請け合いですよ!

おやつによし、つまみによし、ワインにもちろんよし、クラッカーか何かに載せてもよし、ありとあらゆる料理にふりかけてもよし!

そんな時は無理してチーズスライサーなんか使わずに、大根おろしても大丈夫ですよ(笑

画像はイオンで、賞味期限ギリギリで買ったのでかなり格安なのはご愛嬌で(笑

こんな感じの表記です。

アミノ酸のつぶつぶが眩しいですね!

柔らかくて歯ごたえがあってジューシーで旨味がはじけて濃厚で、とにかく最高です! 

___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

おススメ記事!↓

その他の関連記事はこちら! → おすすめアニメ等、食べ物や日記

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇