留学に挑む際、その心構えについて想うところ

留学に際して、その期間中に自分が習得したい、というか修行したいと思っていたことがいくつかあります。

1つがボディービルの本場で、弱点であるフィジカル、筋肉量の増量!

もう一つが、時間を作って小説を書きまくって、文章力及び構成力の強化!

さらに、人種のるつぼと言われるロンドンで様々な人間と会って、自分の中の価値観及び感性、人間に対する見方等の見識を広げる!

おまけに、日本語以外の言語である英語やその他を身につけて、表現力を豊かに!

もっといえば外国で自活することで、自分の甘えを追い出し、厳しく自己実現出来る自己コントロール力を――

というわけで私は、ロンドンで様々な経験をしながら、ジムトレーニング、小説の執筆、たくさんの人間との交流、もちろん語学学校に通ったりニュースを聞いたりしての英語の習得に励んでいました。

そこで、それを踏まえたうえで留学生たちと話していて思ったことなですが、留学をするに際してはっきりとした目標を持って臨むかどうかと言うのは、結構大事かもしれないと言うことです。

ほとんどの日本人が、時間を持て余しているようでした。
なんとなくグループに入って、なんとなく観光して、なんとなく同調して、そんな人間がほとんどのようでした。

別にそれが悪いと言うつもりはありませんが、結果的に日本人グループの中で旅行のような形で終わる人も多かったように思います。

そして、日本に戻り、1ヵ月もしない間に留学の頃は良かったと回顧する。

それだけになってしまう留学と言うものは、やはり個人的にはもったいないと思わざるをえません。

せっかく高い金を出して、たっぷり時間を使って、他国と言う日本ではなしえない状況で生活するのですから、それこそ以降死ぬまで続くかもしれない日本での生活に役立つ経験や、挑戦をしなければ、ただ楽しかっただけで終わってしまうのは惜しいと感じるのです。

私のように4つも5つも、実はそれ以上あったりするのですが、そんなにたくさんの目標を持つ必要はないと思うのですが、せっかくですからしっかりリサーチして、現在の自分を見つめ直して、1つか2つでいいんですから、何かこれだけは成し遂げようと決めて留学する。

そうすれば今までの自分を打ち破ることができるかもしれません。

偉そうに言っていますが自分が何かを打ち破れたり何かを成し遂げられているかと言うと疑問符が浮かびそうなので、その辺はなしでお願いしたいところではありますが(笑
___________________

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング