ホームステイは美女3人と同居していたが、実際のところヨーロッパでは女子がくそモテて男子は相手にされないぞ!?

今回は、軽く自分が泊まっていた最初のホームステイ先の状況を話しますね♪

自分のほかに、ロシアの美女が3人、そしてホストマザーのブルドックと、その彼氏の爺と言う、そんな状況です。

常識的に考えればとんでもなくうらやましい環境だと思います。
自分もそう思っていました。

最初の朝食時での自己紹介、何気ない会話、これから先の輝ける未来を想像して、胸が沸き立っていたのを思い出します。

大いなる勘違いでした。

はっきり言ってしまって、それから彼女たちと話したのは、1回こっきりです。

ある日学校から帰ると、黒髪のデスメタルがふくよかなロシア美女アナスタシアの髪を染めているところに遭遇して、それについて聞いたとき。



ホストマザーのブルドックがハロウィンがあるからと自分ともう1人のロシア美女を連れ出して、近所を回ったとき。

その2回だけ。

普段は、他にホームステイしている人間がいると、感じることすら少ない位でした。

そもそもが、彼女たちとは英語のレベルが桁違いでした。私は、8段階の4、彼女たちはレベル7。

普段から英語に慣れ親しんでいる状況と、そもそもが英語が苦手な自分とでは、まともに会話できるような状況にありませんでした。

それにプラスして、ヨーロッパの異性の好みと言うものがあります、嗜好といったほうは正しいでしょうか。

はっきりって、日本人の女性は信じられない位チヤホヤされますが、男性は見向きもされません。

理由は簡単で、ヨーロッパの男性からして同国の女性たちは、あまりに強気で強すぎるので、奥ゆかしく女性らしい日本人は大変好まれます。

そして、ヨーロッパの女性からして、日本の男性は髪は長いしダラダラしてるし背は低いし筋肉もないので、男と言う扱いさえしてもらえません。

それを知ったのは、留学して3カ月位経ってからのことでしょうか。

今考えると希望が持てない、涙が出るような状況です。

これからヨーロッパに向かう時は、よっぽど体つきとかに自信がない限りは、頭に入れておくと何かと役に立つわけ──でもないかもしれませんがどうでしょうかね?(ぇ
___________________

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング