ムエタイという幻想の正体⑤〜2人の超戦士による劇変「センチャイ・PK・センチャイムエタイジム」〜

2019年11月27日

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

現代、そして歴代最強の、生ける伝説とまで言われているムエタイ選手です。

あまりに強すぎるため、同階級の体重同士では試合が組まれず、2から三階級上の体重の相手と戦うことを常としています。

ある時などは、対戦相手もムエタイのトップ選手であったにもかかわらず、前半3ラウンドと後半2ラウンドを別々の選手で戦うと言う、実質的な2対1マッチまでありました。

変則跳びハイキックである、自信の代名詞とも言えるセンチャイキックを始めとして、独特の前後のステップワーク、相手の体を駆け上るようなクリンチ、縦横無尽な肘打ち、ムエタイと言うよりも空手に近い突き刺すような前蹴り、


そして何より、KOを量産する強烈なパンチ、膝蹴り、そして真下から天空に突き上げるようなハイキック。

壱発もまともに貰わないような、神がかり的な間合いのコントロール。

私的には彼の戦いは、武道を極めたレベルにまで足していると言っても過言ではないと思っています。

街についてはまた今度詳しく書くとして、その圧倒的なレベルは世界に轟いており、自分が知る限り、現在39歳と言うかなりの年齢にもかかわらず最近までふた月に一回くらいのハイペースで試合をこなし、そのほとんどがタイ国内のムエタイではなく、世界各地の高名な格闘イベントであり、もちろんそこにはギャンブルが存在せず、ムエタイそのものを、彼の神業を見にたくさんの人々が集まっています。

そしてこの2人が出現したことにより、K-1を始めとして、日本のRIZINや、アメリカのONE、そして世界各国のイベントに、ムエタイのトップ選手たちが召集される事態になっています。

日本でも有名なONEのチャンピオンになったロッタン、KNOCK OUTのチャンピオンであるヨードレックペット、那須川天心と死闘を繰り広げたスアキムなど然り。

そして現在ではタイ国内でもファンが出てきていて、純粋に彼らを見たいと言う意向も相まってか、先日行われたルンピニーのロッタンとセクサンの試合では、なんとほとんど首相撲が行われず、その打撃の7割が顔面へのパンチと言う、今までを考えたら異常事態と言う内容でした。

個人的に言わせてもらえば、本物は必ずどこかで誰かが見つけ、そしてそれは必ず世界的に広がる。ムエタイは、それの結果に過ぎないと思っています。

200回も300回も戦って、その結果何も生まれないなんて事は絶対にない。

彼らはまさに、常住坐臥、いつでも戦いに赴く、戦士そのものです。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング