新着記事

人類は衰退しました 終末観を想わせず軽やかに描く妖精さんとの日常

田中ロミオという神ライター 田中ロミオというシナリオライターがいる。 泣きゲー、 ...

死に至る病――うつ病闘病記㉑「初面接で人生の落後者扱い」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

”MR.パーフェクト” アーネスト・ホースト~K-1史上最強の四人

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む________________ ...

呪術廻戦 呪いと悪と正義を暴虐の力で叩きつける超少年漫画!

4人の主人公と2人の中心人物 呪術廻戦を語るにあたって、この作品には4人の主人公 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

本場で目指せ100kgベンチプレスLONDONボディビル肉体改造!

2020年11月19日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

ボディビルの本場――ヨーロッパ

足りないフィジカル強化――肉体改造

肉体改造。

ロンドンに留学に行くにつけて、1つの目標だったことです。

私の先生は、ブラジリアンキックを開発したり、マッハ蹴りを開発したり、新型の前蹴りを開発したりと、技術的には世界的に認められるほどに素晴らしい先生でした。

しかしそんな先生を持ったためと言ったらぶん殴られそうですが(笑

私の空手は技術優先に溺れて、全くフィジカルが足りていませんでした。それを前から自覚していたのですが、なかなか本格的に取り込む機会を逃していました。

そこでヨーロッパはロンドン、ヨーロッパと言えばボディービルの本場です。

そこでジムで、本格的に肉体改造に取り組もうと画策していました。

だから語学学校に行って、まず1週間慣れて、そして1ヵ月後にバイトが決まったら、そして初任給をもらって生活の基盤が固まったら、何をおいてもまず探そうと思っていたのがジムでした。

しかし実際、探す必要はありませんでした。

語学学校の提携先ジム

私が通っていた語学学校であるEFスクールは、あるジムとの提携をしていたのです。そこでは通常の月会費の約四割ほどという格安の学生割で通うことができたのです!

初任給を手にして、とりあえずロンドンに滞在できる確信を得た私は、何を差し置いてもそちらの申し込みをして、そしてついにロンドンでの空手修行の日々が幕を開けました!

幸運なことにそのジムは、しかし当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、その語学学校であるEFスクールから、歩いていますが10分足らずのところにありました。

職場である日本食レストランは、学校から電車で約10分。これで学校を終えて、ジムで汗を流して、そして職場へ向かうまで、約30分程度の移動時間で済みます. これは実に大きなアドバンテージと言えました、特にほとんど毎日通う予定だった私にとっては!

そんなわけで今回は、そのジムの中の様子を皆さんに公開して一旦区切りをつけたいと思います!

この真っ青で清潔な場所で、私はどれだけ汗を流したでしょうか……感慨深いです。

本場のジムで本格ボディビルメニューゲット!!

トレーナーにメニューを作ってもらう

本場のボディービルはどんなものか?

ドキドキしながら向かい、その時私は決めていたことがあります。

郷に入っては郷に従え。

以前、大学で初めて上京して、道場に見学に行った時も、私は最初自分の身分を明かしませんでした。

やはり、自分が経験者、やってきたと言う自負があると、本当にそこで習得すべきコツを掴む事は難しいと考えていたからです。

それまで本格的なジムなどでボディービルはしたことがなかったので、まずそこの美人トレーナーにいや別にイケメントレーナーを避けたわけでは無いですよ? (笑

お願いしました、メニューを作ってほしいと。

彼女は一瞬、驚いたような顔をした後――そして実際そこには私以外のアジア人の、それも学生に毛が生えたような若い人はいなかったのでそのような反応だったのかもしれませんが、にっこりと微笑みました。

任せといて。

これが、1番最初に作ってもらったメニューです。

自重訓練を越えて、論理的な器械トレーニングへ

それまで空手では、自分の体重を使った自重トレーニングしかしたことがなく、いわゆる拳を使った腕立て伏せや、スクワットやジャンピングスクワット、腹筋・背筋、前後跳び、垂直跳び、懸垂、指立て伏せ、ブリッジ、そのような筋力トレーニングのみでした。

だから私は器具を使ったものは、いわゆるカールや、まっすぐ上げるものなどしか知りませんでした。

見たことも聞いたこともないメニューが並ぶ中、これから私の体がどのように変わっていくのか?

ワクワク感に包まれていたのを覚えています!

さぁ、自分を変えるぞ!

そして、チャンピオン目指すぜ!!

___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ! → ロンドン留学修行録

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇